アトピー性皮膚炎は、免疫過剰反応が慢性的に再発した状態であり、皮膚の酸化ストレスと免疫不全によって引き起こされる。

身体には、細菌やウイルスなどの危険な非自己を排除する「免疫防御機能」が備わっているが、まれに危険ではないものにまで、反応し、攻撃・排除してしまうのがアレルギー症状、すなわち免疫過剰反応である。

水素は酸化ストレスによって起こる疾患を防止することが知られている。
水素の摂取は炎症性サイトカインの産生を有意に抑制することから、アトピー性皮膚炎を代表とするアレルギー性皮膚炎に有効であろうと考えられる。

水素摂取はステロイドに代わる治療剤あるいは併用剤として注目されている。