女性ホルモンを整える

若さを保つために重要といわれているホルモンが、エストロゲン(女性ホルモン)、テストステロン(男性ホルモン)、DHEA(男性ホルモン)、メラトニン(睡眠ホルモン)です。

特に女性の場合は、閉経前後の10年間で急激にエストロゲンが減ってしまいます。
エストロゲンの減少により、手足の冷えや、不眠、イライラといった症状が現れ、また骨粗しょう症が起こりやすくなります。

対処法としては、女性ホルモンによく似ている大豆イソフラボンを意識的に摂ることはもちろん、ここでも水素ケアが有効です。

とくにストレスが多い人は、これらのホルモン値がより下がる傾向にあります。

ストレスにより発生した悪玉活性酸素を除去し、健康的な身体を維持しましょう!
「水素美容のひみつ」より

#偏頭痛
#更年期障害
#イライラ
#身体の冷え
#不眠
#不妊
suiso&cafe SAKURA

ホーム